湖も池も、法律的には川だったりする?

一般的に、水深や規模の大きさで池と湖は区分されているとか、天然のものは湖か沼で、人工のものは池といった区分があるとか分かりやすい説明がありますが、全国の湖沼をめぐってきてみて、小さかったり浅かったりするのに湖と名付けられていたり、人工ではなく天然由来、おまけに水深もあってカンペキな「湖」スペックなのに「池」と呼ばれていたりする事例は少なからず目にしてきました。

定常的に水が貯まっているものが池であり湖沼なので、当然、水の入口と出口があります。法律上の区分としては、流入河川なり流出河川がある場合、池だろうが湖だろうが「河川」と位置づけられ、河川法のもとで運用されています。

もっとも湖沼法と呼ばれる法律がないわけではありませんが、湖沼を網羅的に管理運用する法律ではなく、環境保全を行うために特別に指定をするといったスタンスで、国内で適用されているのはわずか11湖(2018年現在)しかありません。

ところでちょっと問題なのが、たまに流入河川も流出河川もどちらも持たない湖沼もあります。この場合、河川法は適用外になってしまうので、法律上の区分としては、ただの水たまりと変わらぬ位置付けになりそうです。しかし法の及ばぬ無法地帯というわけではなく、山林の一部として林野庁だったり、国立公園に含まれるものとして環境省だったりの法律のもとで管理されることになると思います。いずれの法にも縛られない無法池が、まだこの国にはあるかもしれないなどと変なロマンを抱いたりしてしまいそうですが、この項については機会を見て法律にくわしい方にも訊ねてみたいと思っています。

弱気の「ですます調」なのは、法律は厳密さが命だけに、専門家でもないのにあいまいな知識で語れることではないので、あくまで湖vs池に対しての水辺遍路からの問題提起と思っていただければと思います。

(2018年12月)

池と湖